コラム

第224回 老兵は死なず,ただ消えゆくのみ

以前の三瀬弁護士のコラム(第222回「終末期医療と人工呼吸器の取外し」)を読んでいて,不謹慎ながら,つい頭の中によぎった言葉があります。意識不明の患者さんが人工呼吸器を付けられて延命している。人格が消えても生命体としては […]
執筆者:

第168回 リベンジポルノ防止法の成立

「リベンジポルノ」とは、嫌がらせ目的で元交際相手の性的な写真や動画をインターネット上で公開する行為を言い、近年、深刻な社会問題となっています。この度、2014年11月19日に参議院本会議でリベンジポルノに罰則を設ける「私 […]
執筆者:

第92回 逆転裁判,あるコトないコト

皆さんは,「逆転裁判」というゲームをご存知でしょうか。逆転裁判は,ストIIでお馴染みカプコンが制作・販売しているゲームで,弁護士を主人公とし,刑事裁判で被告人の弁護をするアドベンチャーゲームです。これだけの説明だと何のこ […]
執筆者:

偽計業務妨害罪

刑法233条は、「虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。」と規定しています。このうち「その業務を妨害」する犯罪のことを業務妨害罪 […]
執筆者:

これから裁判員になる可能性のある皆さんへ

先日、裁判員裁判を経験しましたので、そのご報告を兼ねて、今後皆さんが裁判員に選任されるときの心構え等をお話したいと思います。 まず、皆さんが、裁判員に選ばれる可能性が現実な話になるのは、裁判所に出頭する年の前年の秋ころま […]
執筆者:

犯罪被害給付制度

<ul class=”topics_list”> <li>今期のテレビドラマ、皆さんは何を見ていますでしょうか?私は、今回は『新参者』(TBS系列)と『絶対零度〜未解決事件 […]
執筆者:

1年を迎える裁判員裁判

平成21年5月に裁判員裁判が始まり、まもなく1年を迎えようとしています。開始当初のマスコミの熱はすっかりどこかへ行ってしまいましたが、兵庫県内で裁判員候補者名簿に登載される確率は約1/400、呼出状により裁判所に呼び出さ […]
執筆者:

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿