麦 志明Zhiming Mai/Shimei Baku

パートナー神戸所属
  • 弁護士(兵庫県弁護士会所属)

在日華僑出身というバックグラウンドを生かし、中国の企業・個人が関係する日本国内における訴訟・投資契約・企業法務・国際相続・在留資格の取得等のインバウンド法務、および日本の企業が関係する中国国内における訴訟・投資契約・企業法務・国際租税等のアウトバウンド法務を広く取り扱っています。また、中国現地での勤務経験・実務経験を活かし、事件の解決においては、両国間の文化の差異に配慮するよう心がけています。中国に関連した事件解決の実績が認められ、2012年に中国駐大阪総領事館の法律顧問を拝命いたしました。

経歴

1976年 兵庫県出身
1992年 神戸中華同文学校卒業
2000年 神戸大学法学部卒業、司法試験合格
2001年 司法研修所入所
2002年 弁護士登録(第55期)、弁護士法人 大江橋法律事務所 入所
2008年 弁護士法人 大江橋法律事務所 上海事務所勤務、弁護士法人 大江橋法律事務所 大阪事務所復帰
2010年 弁護士法人 大江橋法律事務所 退所・独立
2012年 中華人民共和国駐大阪総領事館特別招聘弁護士を拝命
2013年 関西大学法科大学院 非常勤講師を拝命、弁護士法人 東町法律事務所 入所
2016年 弁護士法人東町法律事務所パートナー弁護士
2018年 日本弁護士連合会「中小企業の海外展開支援事業」担当弁護士

著作・論文

「CIETACの分裂とそれに関連する最高人民法院の2015年7月15日付司法解釈」JCAジャーナル 2015年11月号
「中国における再販価格拘束に関する独占禁止法の運用~直近の処罰事例を踏まえて~」JCAジャーナル 2014年9月号
「中国案例百選(定款の規定に基づく株主総会決議による株主に対する罰金、ならびにこれに関する定款の規定及び株主総会決議の有効性)」国際商事法務 2014年7月号
「中国国際経済貿易仲裁委員会の分裂とその後実務に関するまとめ」国際商事法務 2013年11月号
「『王老吉』商標事件~中国国内商標史上、最大の紛争~」国際商事法務 Vol.41、No.9
「中国国際経済貿易仲裁委員会(CIETAC)の分裂とその後の実務」JCAジャーナル 2013年10月号
「最高人民法院による第3期指導性案例の発布に関する通知(法[2012]227号)「公司決議の取消事由」に関する指導性案例」JCAジャーナル 2013年6月号
「2010年上半期における中国国内ストライキについての考察」国際商事法務 2011年2月号

※他多数

セミナー・講演

「中国における贈収賄の現状と日本企業の対応について」経営法友会(2016年2月17日)
「中国独禁法の最新事情」経営法友会(2015年3月18日)
第3回友好協定締結記念セミナー「日本国内における日中家族法関係事件の現状
~日中両国における渉外相続法の適用について」日本弁護士連合会/中華全国律師協会 共催(2012年9月10日)
「日中資本市場下における労働紛争問題シンポジウム」上海交通大学(中国)(2010年11月23日)

公刊物掲載の主な担当事件

訴訟代理人等 / コーナン商事不明朗取引問題 前取締役側代理人
損害賠償請求等代理 / 広島県福山市のホテル火災によって死傷した中国人4名の遺族の損害賠償請求代理人(2012年福山ホテルプリンス火災事件)
破産管財人代理 / 株式会社マックスエアーサービス(2006年度ワールドカップチケットに関連した破産事件)
民事再生申立代理人 / 株式会社レオマ

言語

日本語 英語 中国語(普通語)