海事・物流

当事務所は、日本では数少ない海事・物流を得意分野の一つとする法律事務所であるとともに、総合法律事務所としてコーポレート・倒産・金融・労働等の分野に精通する弁護士との連携によるワンストップ・サービスを提供することができます。

海事・物流分野における当事務所の強みは、英国留学・研修経験のある複数の海事弁護士による日本語・英語でのサービスを提供することができることのほか、海事仲裁人、船主責任制限手続の管理人、海事・運送法改正の立案等の経験者、海事補佐人、海事代理士等の幅広い専門家による対応や神戸、東京、今治の三事務所から国内外のあらゆる場所における対応が可能であることにあります。また、事案の必要性やクライアントの皆様のニーズに応じて、英国、シンガポール、中国、パナマ、マーシャル諸島などの世界各国における海事専門家と連携しながら、的確なサービスを提供する体制を整えています。

具体的な案件

国内外の海事・物流に関する案件について、船主、海運会社、海運ブローカー、造船所、船舶管理会社、商社、メーカー、エネルギー企業、P&Iクラブ、保険会社、銀行、リース会社、港湾運送会社、ターミナルオペレーター、倉庫業者、陸上・航空運送会社、フォワーダー、旅客運送会社、官公庁等の幅広い依頼者様に対して、次のような案件についてのサービスをご提供いたします。

  • ドライシッピング(貨物クレーム、傭船契約、B/L〔船荷証券〕、Waybill〔海上運送状〕、船舶アレスト〔差押え〕、海事関連訴訟・海事仲裁・示談交渉等)
  • ウェットシッピング(船舶衝突、沈没、油濁等の海難事故、海難救助、船骸撤去、船主責任制限手続、海難審判等)
  • 船舶金融(シップファイナンス)
  • 船舶売買、エスクローエージェント
  • 造船契約
  • 海事関連企業のM&A
  • 海事倒産(私的整理、破産、民事再生、会社更生等の債権者側・債務者側)
  • 船員の雇用関係(マンニング)
  • 海上保険契約、保険約款
  • 海事独禁法
  • 港湾運送、ターミナル管理、倉庫業
  • 陸上運送、航空運送、国際複合一貫運送
  • 旅客運送

当事務所の強み

海事・物流分野における当事務所の強みは、次のとおりです。

  1. 英国留学・研修経験のある複数の海事弁護士による日本語・英語でのサービス提供
  2. 海事仲裁人、船主責任制限手続の管理人、海事・運送法改正の立案等の経験者、海事補佐人、海事代理士等の幅広い専門家による対応
  3. 神戸、東京、今治の三事務所から国内外のあらゆる場所における対応
  4. 英国、シンガポール、中国、パナマ、マーシャル諸島などの世界各国における海事専門家との連携

担当弁護士

神戸・東京兼務

上谷 佳宏Yoshihiro Uetani

代表社員弁護士パートナー
神戸・東京・今治兼務

手塚 祥平Shohei Tezuka

パートナー
神戸所属

吉田 伸哉Shinya Yoshida

パートナー
神戸・今治兼務

松宮 慎Makoto Matsumiya

パートナー
東京所属

山下 和哉Kazuya Yamashita

アソシエイト
今治所属

佐々木 達耶Tatsuya Sasaki

アソシエイト
神戸所属

ピーター・キャシディーPeter Cassidy

外国法事務弁護士