コラム

将来債権譲渡(担保)契約の債権発生期間

将来債権譲渡(担保)契約を締結する際、譲渡契約の全部または一部無効となることのない債権発生期間は何年かという問題があります。将来債権譲渡契約とは、譲渡人が将来有するであろう将来債権を譲受人に譲渡する契約であり、将来債権譲 […]
執筆者:

第227回 改正民法に対応した賃貸借契約書作成のポイント

はじめに 今,民法(債権法)の規律が,大きく変わろうとしています。 「民法の一部を改正する法律」が,2017年5月26日に国会で成立,同年6月2日に公布され,改正民法の施行が2020年4月1日に迫ってきました。 本コラム […]
執筆者:

第226回 夢の後先 ~宝くじ当せん金は夫婦のもの?~

今年もいよいよやってきました,そうです,年末ジャンボ宝くじ発売のシーズンです。平成ラストの年末ジャンボの最高賞金額は1等・前後賞あわせ10億円!宝くじは,「当せん金付証票法」に基づいて発行されており,最高賞金額も同法にお […]
執筆者:

第225回 宗教法人の法律問題(1) ~機関設計~

はじめに日本においては,18万以上もの宗教法人が存在し(2016年12月31日現在,文化庁ウェブサイト「宗教法人と宗務行政 概要」参照),その教義とする内容も,神道系,仏教系,キリスト教系と多岐にわたります。 宗教法人も […]
執筆者:

第224回 老兵は死なず,ただ消えゆくのみ

以前の三瀬弁護士のコラム(第222回「終末期医療と人工呼吸器の取外し」)を読んでいて,不謹慎ながら,つい頭の中によぎった言葉があります。意識不明の患者さんが人工呼吸器を付けられて延命している。人格が消えても生命体としては […]
執筆者:

第223回 評価損や買替諸費用は請求できる?

前回の当職のコラム(第203回「交通事故に遭った場合にすべき4つのこと」)では,交通事故に遭ったときにどのように対処すべきかという点について,主に過失割合の観点からお話しさせていただきました。今回は,損害論の観点から,皆 […]
執筆者:

第222回 終末期医療と人工呼吸器の取外し

タイトルを見て,皆さんドキッとされたことと思います。 何度も国会で議論されては消え,また近々復活の噂のある尊厳死法案のことか?と思われた方も多いと思いますが,最初にお断りしておきますが,このコラムは,尊厳死法案に賛成する […]
執筆者:

第221回 物流と天災 〜地震,台風,高潮,洪水等の自然災害による貨物の滅失・損傷と損害賠償責任〜

今年は集中豪雨・台風・地震などの自然災害が例年に比べ多いように思います。私自身も台風20号,21号のみならず大阪及び北海道の地震を身をもって体験しました。台風21号で神戸・大阪の港は高潮による甚大な被害が広範囲で生じまし […]
執筆者:

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿