コラム

第197回 国税に関する処分を争いたいときには? 〜国税不服審判所の紹介と近時の重要な改正点〜

国税不服審判所と不服申立手続の抜本的改正 先日,国税不服審判所(以下「審判所」といいます。)が,「極ゼロ」に関してサッポロビールが自主納付した酒税115億円の返還が認められなかったことを理由とする審査請求を棄却したとの報 […]
執筆者:

第196回 商法及び国際海上物品運送法の改正法案の国会提出

改正法案の国会提出 「商法及び国際海上物品運送法の一部を改正する法律案」が,平成28年10月18日,閣議決定され,国会に提出されるに至りました。これは,商法のうち主に運送及び海商に関する部分と国際海上物品運送法の一部分を […]
執筆者:

第194回 復帰のご挨拶

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 このたび,法務省民事局における2年4か月の出向を終えて,復帰いたしました。 法務省民事局では,主に,商法(運送・海商関係)の改正に関する企画・立案作業に従事して参りました。 […]
執筆者:

第193回 民泊サービスと法的規制 〜近時の検挙報道等を受けて

近年増加する中国人を初めとする外国人観光客を中心に,首都圏等を中心とするホテル宿泊料の高騰も相まって,近時,ブームとなっている「民泊サービス」について,指導事例が急増しており,旅館業法違反(無許可営業)として刑事事件とし […]
執筆者:

第192回 直近10年間における下請法の運用状況と傾向

平成28年6月1日,公正取引委員会から「平成27年度における下請法の運用状況及び企業間取引の公正化への取組(概要)」が公表されました。 下請法違反については,公正取引員会が調査に着手する前に違反行為を自発的に申し出た上で […]
執筆者:

第190回 OWに関する英国の最高裁判決(The "Res Cogitans" 号事件[2016] UKSC 23) 〜破綻したOW Bunkerの船主に対するバンカー代請求の可否〜

海運業界において、2014年11月、世界最大のバンカー供給業者OW Bunkerグループの破綻に伴い、同グループにバンカーを供給した供給業者が、バンカー代の回収を巡り、同グループからバンカーが供給された船舶をアレストする […]
執筆者:

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿