コラム

第192回 直近10年間における下請法の運用状況と傾向

平成28年6月1日,公正取引委員会から「平成27年度における下請法の運用状況及び企業間取引の公正化への取組(概要)」が公表されました。 下請法違反については,公正取引員会が調査に着手する前に違反行為を自発的に申し出た上で […]
執筆者:

第186回 マイナス金利導入の貸出金利への影響

マイナス金利導入の貸出金利への影響 平成28年1月末,日本銀行が,金融機関が日本銀行に預けている当座預金の一部にマイナス金利を導入することを決定して以降,変動金利型の金銭消費貸借契約について,計算上の貸出金利がマイナスに […]
執筆者:

第179回 中小規模事業者の特例は使えなくなる?〜個人情報保護法の改正がマイナンバー法への対応に及ぼす影響〜

いわゆるマイナンバー法(行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律)が本年10月5日に施行され、皆様のお手元にもマイナンバーの通知が届いているかもしれません(とはいうものの、このコラムを書いている […]
執筆者:

第156回 企業の優先株等の処理が加速−経営改善に目途立てる−

はじめに 最近,新聞では,企業が,景気が良くなってきたのを背景として,以前発行していた優先株を処理する動きが目だってきたと報じられています。そこで,今回は,優先株とは何か,何故優先株を発行したのか,又今回何故処理するのか […]
執筆者:

第151回 新たな局面を迎える『反社会的勢力への対応』

はじめに(「反社会的勢力への対応」を巡るこれまでの動向) 暴力団をはじめとする「反社会的勢力」に対する企業の対応については、以前は、「不当要求」に対する対応が主な問題点でしたが、(1)平成19年に政府が出した「企業が反社 […]
執筆者:

第147回 中小企業へのしわ寄せ防止−消費税転嫁対策特措法−

はじめに 本年4月および平成27年10月に予定されている消費税率引き上げを前に,中小の納入業者等が納入先である大規模小売店等の大企業に対し,増税分を円滑に価格に上乗せ(転嫁)することができるよう,平成25年6月5日,「消 […]
執筆者:

第145回 借用書の書き方

猪瀬東京都知事が,民間団体から5,000万円を受け取ったとされる件で,猪瀬知事は,先日,個人的に借りたお金であると説明し,記者会見で「借用証」を公開しました。しかし,その「借用証」があまりにシンプルなこともあり,騒ぎは収 […]
執筆者:

第143回 メニュー表示と景品表示法

最近、ホテルのレストランにおけるメニューの不適切表示が話題になっています。飲食店が実際の料理にメニューと異なる食材を使用することは、不当景品類及び不当表示防止法という法律で規制されています。この法律は、俗にいう「景品表示 […]
執筆者:

第128回 株主提案権について

はじめに 株主提案権は、株主が株主総会において議題や議案を提案することができる権利で、公開会社である取締役会設置会社にあっては、6か月前より引き続き総株主の議決権の100分の1以上または300個以上の議決権を有する株主が […]
執筆者:

第125回 消費者団体訴訟制度の動向

消費者法分野の改正の流れと消費者団体訴訟 平成12年の消費者契約法制定に始まり,平成18年の消費者契約法改正,平成20年の特定商取引法の大改正,平成21年の消費者庁の創設,昨年の消費者安全法の改正など,消費者法分野は近年 […]
執筆者:

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿